<noframes id="f971z"><listing id="f971z"></listing>

        <noframes id="f971z">
          <address id="f971z"></address>
          <noframes id="f971z">

            <address id="f971z"></address>

              <address id="f971z"></address>

                  E-Mail Edition  Volume 6   Number 5

                  Published by Piccadilly Books, Ltd., www.piccadillybooks.com.

                  Bruce Fife, N.D., Publisher

                  出版者: ピカデリー出版(株) www.piccadillybooks.com

                  発行者: ブルースファイフ、N.D. (栄養學博士)

                  日本語版製作者: Tonny H,   監修 Dr. 安部 M.D.(醫學博士)


                  このニュースレターの

                  継続配信を希望する。

                  ここをクリック

                   

                  e - mailアドレスを変更する。

                  ここをクリック

                  click here.

                   

                  目次:

                  • 新事実:ココナッツオイルは糖尿病のリスクを減らす!
                  • ココナッツオイルは乳幼児の食事として安全か?
                  • 慢性疲労癥候群はウイルスが原因か?
                  • 健康ニュース(概要)

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  Photo Source: Wikipedia Commons

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   新事実:(ヴァージン)ココナッツオイルは糖尿病のリスクを減らす!

                  反対派の人々が本研究の成果を、(水素化?)ココナッツオイルの使用に反対する証拠として指摘する理由!

                   

                  糖尿病、肥満の人にとって良い知らせです。新しい研究により、ココナッツオイルを豊富に含む食事を摂る事によってインスリン抵抗性(インスリンに対する組織の感受性?反応性が低下し、インスリンの作用が現れにくい性質)を下げ、過剰な內臓脂肪の蓄積も抑えられる事が実証されました。

                  一方殘念なことに、脂肪全般に否定的な人々は、この研究成果を「ココナッツオイルは有害で、肝臓病の原因になりうる。」事の証拠であると指摘しています。

                  シドニーのガルバン醫科學研究所のナイジェル?ターナー博士と共同研究者たちは、脂肪の代謝とインスリン抵抗性について2つのグループに分けたネズミを使って比較しました。

                  1つのグループにはココナッツオイル(中鎖脂肪酸を豊富に含んでいる)を與え、もう1つのグループには歐米で日常的に使用されている長鎖脂肪酸をおもに含んでいる脂肪を與えて、食事中の脂肪の割合を総カロリー量の45?60パーセントとして、比較しました。

                  ココナッツオイルを與えたネズミはインスリンをより敏感に感受し、インスリン抵抗性が下がり、脂肪の蓄積も少ないという事が示されました。

                  この研究の成果は糖尿病に関する國際學術誌に掲載されています。 糖尿病ジャーナル。 (文獻1參照)

                  この実験に使用されたココナッツオイルの有益な効果は、中鎖脂肪酸に起因するものです。つまり、中鎖脂肪酸がインスリンの作用を向上させインスリン抵抗性を下げる事が示されたのです。そしてインスリン抵抗性こそが2型糖尿病の根本的な原因です。 (糖を分解する機能をもつインスリン自體が分泌されない事と、インスリンが分泌されているのに糖を分解する機能が障害される性質であるインスリン抵抗性の2つが複合的に働くことが糖尿病の原因であると言われています。)

                  また、この研究のもう一つの成果として、糖尿病の強力な危険因子である肥満も、ココナッツオイルの使用によって軽減できる可能性がある事が示されました。

                  中鎖脂肪酸は脂肪細胞に格納されるよりもむしろエネルギーを生産するために使用されます。 ターナー博士は「ココナッツオイルなどに含まれる中鎖脂肪酸は、私たちが日常食用油として使用しているものとまったく異なるふるまいをする、大変興味深いものです。動物性脂肪に含まれている長鎖脂肪酸と異なり、中鎖脂肪酸はミトコンドリアに入り込める程に十分に分子が小さいので、ミトコンドリアでエネルギーに変換されます。」と言っています。エネルギーを生み出す過程で內臓脂肪として格納?蓄積される脂肪の量を減らすだけでなく、インスリンに対する細胞の感受性も向上するのです。

                  この研究成果は、健康的な食事の中にココナッツオイルを取り入れる事を強力に支持し正當化するものです。

                   しかしこの研究は一方ではココナッツオイルを賞賛しつつも、他方ではココナッツオイルを批判するものでもあります。

                  インスリン抵抗性を下げ、內臓脂肪蓄積を改善するにもかかわらず、ココナッツオイルを與えたネズミの肝臓では、脂肪性沈著物が発生しインスリン抵抗性が上昇しました。 「殘念ながら」と、ターナー博士は注意を発し、「中鎖脂肪酸の欠點は、肝脂肪をつくりあげてしまう事です。中鎖脂肪酸を減量セラピー(治療)に取り入れるときはこの重大な事実を考慮しなければなりません。」と言っています。

                  一旦公開されると、この研究成果は新事実としていたるところで取り上げられました。

                  この研究は、ココナッツオイルがインスリンの働きと內臓脂肪に対して有効であるという事と、脂肪肝が発癥する危険があるという警告の両方を伝えるものとなりました。

                  ココナッツオイルに批判的な人々はすぐに反応し、肝臓に脂肪が溜まり過ぎれば肝機能を損なうと批判しました。そのオイルに他にどんなに良い効果があろうと、肝臓に重大な被害が発生するようなオイルは使ってはならない。そして、ココナッツオイルを食に取り入れていた人々もこの批判を聞いて「ココナッツオイルは健康に良い」という考えを変え始めました。

                   この研究は明らかに自己矛盾しています。

                  ココナッツオイルが、インスリン感受性を向上させ(インスリン抵抗性を下げ)內臓脂肪の蓄積を減らす効果があるにもかかわらず、肝臓ではインスリン抵抗性を生じ過剰に脂肪を沈著させるというまったく逆の効果がなぜ起こりうるのでしょうか。これ以外の研究でも中鎖脂肪酸は內臓脂肪を減らすという結果が出ています。それらの研究の一部では、肝臓での脂肪沈著は減ったという、この研究とは反対の結果が出ています。(文獻2-5參照)

                  また他の研究では、中鎖脂肪酸は、脂肪肝を発癥するような毒素にさらされたとき、毒素から肝臓を守るという結果が出ています。(文獻6-7參照)

                  この研究以外のすべての研究結果が中鎖脂肪酸は肝脂肪の沈著から肝臓を守るという事を示していたとして、なぜこの研究では肝脂肪沈著という結果が出たのでしょうか。何か明らかに抜け落ちている事があります。

                   この研究で、ココナッツオイルを與えたネズミの肝臓を検査したとき、沈著していた脂肪の95%は長鎖脂肪酸で、中鎖脂肪酸ではありませんでした。これらの長鎖脂肪酸はどこから來たのでしょうか。

                  ココナッツオイルの成分中、約64%は中鎖脂肪酸と短鎖脂肪酸です。殘りの成分が長鎖脂肪酸でその一部は不飽和長鎖脂肪酸です。

                  実はここに問題があるのです。この研究成果を知らせるニュースの中にも、またこの研究の要約の中にさえも、研究者がこの研究に使用したココナッツオイルのタイプが普通のココナッツオイルではない事が言及されていなかったのです。研究論文全文を読み通し、実験工程の記述に目を通すと、この実験には水素化されたココナッツオイルを使用した、と書いてあります。これで矛盾の理由がはっきりしました。

                   不飽和脂肪が水素化されると、飽和度が上がります。この過程で「トランス脂肪」と呼ばれる人工的な飽和脂肪が生成されます。この人工的飽和脂肪は天然の飽和脂肪とは異なり、多くの健康問題を引き起こす事が分かっており、その中にはインスリン抵抗性や脂肪肝の問題もあります。

                  水素化された油脂が脂肪肝を引き起こすことはずっと昔から知られていました。(文獻8-9參照)

                  それは大豆、トウモロコシ、ココナッツ、、、とオイルの原料の種類には関係ありません。水素化油脂はすべて肝臓の脂肪沈著を引き起こします。水素化されたココナッツオイル中の長鎖脂肪酸が、この研究でネズミの肝臓に詰っていたものです。そして総カロリー量の45~60%というオイルの割合を非常に高くした條件でこの実験が行われた事も忘れてはなりません。ネズミたちは大量の有害なトランス脂肪を與えられ続けたのです。

                   この研究は、水素化されたココナッツオイルを使って実験を行うと悪い結果が出る事を示す、よい実例です。この研究を行った人々は水素化ココナッツオイルを使用すると天然のヴァージンココナッツオイルを使用した場合とまったく異なる結果が出るという事実を無視しているように思えます。

                  研究者が水素化ココナッツオイルを使用しているにもかかわらず、この研究成果は大変興味深い事を含んでいます。それは水素化しても傷つかなかったココナッツオイル中の中鎖脂肪酸がトランス脂肪酸の悪影響に勝り、體全體の脂肪の沈著を防ぎ、インスリン感受性を保ったという結果です。しかし、トランス脂肪の悪影響を完全にブロックする事はできず、肝臓に影響が出ました。

                   いまだに研究者の多くは天然の飽和脂肪と人工的に生成した飽和脂肪の違いを認識も理解もしていません。そのため、水素化されたココナッツオイルが実験に使用される事がよくあります。通常、研究論文のどこかに水素化オイルを使用したという事は記されています。しかし、年代の古い研究論文には、この事実は記載されていません。ですからココナッツオイルの負の影響を報告している研究に対しては注意する必要があります。今回挙げた研究論文のように、事実を発見するためには、全體を読む必要があるかも知れません。

                  ですが、ほとんどの人々は、論文を詳細に読み込んで內容を追跡するのを面倒に思いやらないのです。おそらくはニュースリリースや論文の部分的抜粋から取材した人の解釈を鵜呑みにする方を好むのです。

                  研究上の重要事項でない限り、水素化脂肪を使用して実験を行った事が報告されない事が多いのは、注意すべき重要な事実です。この記事で説明した事も、「ココナッツオイルは體に悪い」という「神話」がずっと流され続けた、理由の一例なのです。

                  この研究に関するたくさんのニュース記事がインターネットで普及してから、ココナッツオイル不支持層は、ココナッツオイルその他の飽和脂肪酸を使用する事は危険だという証拠として「脂肪肝」の問題を強調しました。しかし、ここで述べた事こそ事実であり、今やそれを理解した読者の皆さんはそのような記事を見ても惑わされる必要はありません。

                   Tonnyの一言:

                  この記事の最重要ポイントは、ヴァージンココナッツオイルとココナッツオイルはまったく異なる効果を持つ別のオイルだという事でしょうか。一般にココナッツオイルとして売られている安価なオイルには、この記事で指摘があったような「水素化」の問題がある場合が多く、しかも製造上の事なので私たちには「見えない」やっかいな問題です。対策は、ホンモノを自身で體験して覚える事でしょうか。

                  それにしても、「水素化」ココナッツオイルが脂肪肝の原因になったというのは注意すべき事実ですね。

                  參考文獻

                  1Turner, N., et al. 筋肉細胞のミトコンドリアの酸化許容能力の強化、インスリンの作用の改善、などに関する脂質の種類依存性。:中鎖脂肪酸の強力な組織特異的効果について。 糖尿病ジャーナル2009; 58:2547-2554

                  2Lieber, C. S., et al NASHを持つラットに対する中鎖脂肪酸トリグリセロールの有効性vs毒性について。 肝癌ジャーナル2008; 48:318-326

                  3Baldermann, H., et al  超音波定量による、LCTまたはMCT/LCTを含む乳化脂肪を與えた場合の肝臓の形態変性に関する研究。 JPEN Parenter Nutr 1991; 15:601-603

                  4Nosaka, N., et al 健常者の血清リポタンパク質および生化學的パラメータから観察された中鎖脂肪酸トリグリセロールによる食事療法の効果。 Biosci Biotechnol Biochem 2002; 66:1713-1718

                  5Romestaing, C., et al 長期に渡る飽和度の高い脂肪食の摂取がWistarラットのNASHの原因とはならない事に関する研究。 Nutr Metab 2007; 4: 4.

                  6Mak, K.M., et al 脂肪分化関連タンパク質が、ラットのアルコール性脂肪肝において信頼性の高い脂質マーカーである理由。 Alcohol Clin Exp Res 2008; 32:683-689

                  7Lieber, C. S., et al長鎖脂肪酸と中鎖脂肪酸の肝代謝の違い:アルコール性脂肪肝の発生における脂肪酸の鎖長の役割。 J Clin Invest 1967; 46:1451-1460

                  8DegraceP., et al トランス- 10、シス-12リノール酸を與えたC57BL/6Jマウスのポリ脂肪酸トリグリセリドをベースとした脂質過剰分泌と脂肪肝の関連について。 FEBS Lett 2003:546:335-339

                  9Tetri, L. H. トランス脂肪および高加糖コーンシロップ溶液を與えたマウスの重度のシス型肝炎の発癥について。 Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol 2008; 295; G987 - 995

                   

                    

                   

                   

                   

                   

                  Photo Source: Wikipedia Commons

                   

                   

                  ココナッツオイルは乳幼児の食事として安全か?

                   乳幼児にココナッツオイルを與えてもいいですか?という質問がよくあります。答えは、「まず間違いなく問題ありません。問題がないどころか、たくさんのメリットがあります。」という事です。

                  子供の適切な成長に必要な脂肪の、豊富な供給源は母乳です。母乳の成分中には、非常に特別な飽和脂肪である中鎖脂肪酸トリグリセリド(トリグリセリドとは、3つの脂肪酸が1つのグリセロール分子に結合して構成されたもの)というグループに屬するものが含まれています。これは、発育中の赤ちゃんには不可欠なものなので、その一部は必須脂肪酸と見なされています。これらの中鎖脂肪酸トリグリセリドMedium Chain Triglycerides以下、MCTと記します。)がなければ、赤ちゃんの健康は深刻な危険にさらされるおそれがあります。

                  ココナッツオイルの主成分はMCTであり、脂肪とタンパク質の消化吸収を改善し成長による體重の増加を促進するため、乳幼児(特に未熟児)の食事に配合されています。(文獻1-2參照)

                  MCTは市販のものにも病院での乳幼児?小児の食事にも、きまって添加されています。これらのMCTの原材料はココナッツオイルです。ココナッツオイルはMCTという特別な脂肪を最も多く含む天然資源だからです。

                   私たちの食事中に含まれる脂肪や油の大半は長鎖脂肪酸トリグリセリド(Long Chain Triglycerides 以下、 LCTと記します。)で構成されています。MCTLCTより優れている點は、 消化吸収の速度と効率です。MCTは、消化の際に體にかかる負荷を最小にしながら、非常に速く吸収されます。

                  LCTを個々の脂肪酸に分解し消化吸収するためには膵臓の消化酵素と膽汁が必要です。他方MCTは非常に速く分解され、膵臓の消化酵素や膽汁を必要としないので、體への負荷が少なく酵素の蓄えも保全します。

                  幼い乳児の消化器系は未発達で、LCTはその體に大きな負擔を與え、LCTの一部は完全には消化されず、そのため、與えられたものが本來持っているはずの栄養価が十分に取り込まれません。その結果、乳児にとってMCTLCTよりも優れた栄養源となるのです。

                   MCTによって改善された消化機能によって、他の栄養素の同化吸収能力も強化されます。研究によれば、MCTはカルシウムやマグネシウムなどのミネラル、ビタミンB群、脂溶性ビタミン(ADEKβ-カロチンなど)、および數種のアミノ酸などの吸収を良くします。 

                  簡単に消化され、迅速かつ容易に栄養を與えるので、ココナッツオイルは栄養失調の治療用に推奨されています。

                  普段の食事にココナッツオイルを加えるだけで、食品中にすでに存在する栄養素の有効性を大幅に高める事ができます。

                   このことは、フィリピンの研究者によって実証されました。 カルメン?インテンガン博士と共同研究者は就學前の栄養不良狀態の子供たちの治療に、75%をココナッツオイル25%をコーン油で構成した脂質と、大豆油を使って比較実験を行いました。 この研究は生後10-44ヶ月のレベル1~3の栄養失調狀態のマニラのスラム街の子供たち95人に対して行われました。子供たちは実験期間中、定期的に保育センターという機関に連れて來られ、16週にわたって、日曜日を除く毎日、完全な晝食とおやつが與えられました。食事は油脂以外の點では完全に同じ內容のものが與えられました。食事に含まれる油脂成分の約3分の2は、ココナッツオイルとコーン油の混合油脂または

                   

                  大豆油に由來していました。子供たちには無作為抽出で、2種類の食事のどちらかが割り當てられました。47人の子供たちにはココナッツオイル側、 48人の子供たちには大豆油側の食事が與えられました。子供たちは2週間ごとに體重を測り、1週間ごとに小児科醫による検査が実施されました。初期條件として2つのグループ間で、生後経過日數、初期體重、栄養失調の度合い、が一致するようにして実験を開始しました。

                  16週間後、ココナッツオイルの食事を與えたグループは大豆油の食事を與えたグループに較べて、大幅に速い體重の増加と栄養狀態の改善があったという結果が示されました。

                   

                  Figure 1

                   

                  なお體重増加は、単なる脂肪の蓄積によるものではなく、成長によるものでした。図1は、2つのグループの子供たちの體重の変化を1カ月間隔で測定したものを表示しています。図1を見ると、ココナッツオイル食の子供たちは大豆油食の子供たちに較べて體重の増加が大幅に速かった事がわかります。実験開始から4か月後には、ココナッツオイル食グループは2.08キログラム(5.57ポンド)の體重増加が記録され、この數値は同じ期間における大豆油食グループの體重増加記録1.22キロ(3.27ポンド)のほぼ2倍に當たります。(文獻3參照)

                  MCTは栄養失調児の健康改善に効果的なだけでなく、消化や栄養吸収障害にも効果的です。一部は1960年代にまでさかのぼるのですが、今までに実施された多數の研究によって、嚢胞性線維癥、肝臓病、閉塞性黃疸などの多様な栄養吸収不良疾患に苦しむ乳幼児の全般的な癥狀の改善から、栄養狀態の改善、成長促進などに至るまでMCTが効果的である事が示されています。(文獻4-8參照)

                   栄養狀態を改善する効果があるという事実に加えて、MCTは感染癥から乳児を守ります。MCTは消化されて個々の脂肪酸に分解されます。MCTが分解されてできた中鎖脂肪酸(以下、MCFAと記します。)は、病原性の細菌、ウイルス、真菌などを不活性化し場合によっては殺すほどの強力な対抗力を持っています。幼い乳児の免疫システムは発展途上で、まだ多くの感染癥の原因微生物を撃退する能力がありません。 MCFAは母乳中にある母親の抗體とともに、生後の數ヶ月間乳児をこれらの感染癥から保護します。

                  さらにココナッツオイルには、肝臓疾患、腎臓疾患、心臓疾患、がんに対する予防力や、血液循環を良くして治癒力を刺激するなどの、多くの健康効果があります。(文獻9參照)

                  これらの理由から、乳幼児の食事にココナッツオイルを添加すれば大変な利益を受け取る事ができるでしょう。

                   保護が必要な生後間もない乳児にはココナッツオイルを直接與えるよりも、母乳を通して與えるのが最良の方法です。母親がココナッツオイルを摂れば、自然にMCTの割合が高い母乳で満たされます。この方法をとれば母も子もMCTの利益を受け取る事ができます。

                  粉ミルクを使用する場合でも、哺乳瓶あたり小さじ1/4から1/2の溫かい液狀のココナッツオイルを加えるとよいでしょう。

                   幼児の場合は、食事中にココナッツオイルを加えてもよいでしょう。一般的なガイドラインとして、體重12?25ポンド(約4.59.3キログラム)の子供にはココナッツオイル小さじ1/21杯を毎日與える事ができます。體重2550ポンド(約9.318.7キログラム)の子供には小さじ1?2杯、體重50100ポンド(約18.737.3キログラム)の子供には小さじ2?3杯が適量です。元來ココナッツオイルは薬ではなく食べもので大量に與えても毒性はありませんので、ガイドラインから少しはずれても心配いりません。但し、摂り過ぎるとお腹がゆるくなることがありますので注意して下さい。

                  Tonnyの一言:

                  後の健康ニュースにも出てきますが、母乳は赤ちゃんにとって最高の食品です。妊娠中から生後數か月にかけての子育ては本當にデリケートな作業ですから、母體を通して優れた栄養を與え成長や発達を促すというのが良いようです。母體に良い食品のリストを皆さんで作りませんか!ご意見などあればお寄せ下さい!

                   參考文獻

                  1Roy, CC, et al 中鎖脂肪酸トリグリセリド食による早産児の代謝の改善について。 J Pediatr 1975; 86:446-450

                   2Tantibhedhyangkul, P. and Hashim, SA 未熟児の中鎖脂肪酸トリグリセリドによる食事治療:脂肪および窒素の吸収効果について。 Pediatrics 1975; 55:359-370

                   3Intengan, CL, Dayrit, CS, Pesigan JS, Cawaling T, and Zalamea IY. 栄養失調児のリハビリテーションにおける、ココナッツオイルとコーン油で構造化した油脂vs大豆油の効果比較の臨床実験。 Phil. J. Internal Medicine. 1992; 30:159-164

                   4Tantibhedhyangkul, P. and Hashim, SA. 未熟児の中鎖脂肪酸トリグリセリドによる食事治療:カルシウムおよびマグネシウムの吸収効果について Pediatrics 1978; 614):537

                   5McKenna, MC, et al 膵機能不全による嚢胞性線維癥患者および標本を用いた脂質サプリメントからのリノール酸吸収に関する研究。 J Pediatr Gastroenterol Nutr  1985; 4:45-51

                   6Jensen, C. et al 非常に小さい乳幼児における長鎖または中鎖脂肪酸トリグリセリドからの個々の脂肪酸の吸収について。 Am J Clin Nutr 1986; 43:745-751

                   7Leyland, F.C., et al 中鎖脂肪酸トリグリセリドを用いた発育不良児の食事療法。 Arch Dis Childh 1969; 44:170-179

                   8Tanchoco, CC, ea al  MTCオイルを添加した食事による小児下痢癥の制御について。 Asia Pac J Clin Nutr 2007; 16:286-292

                   9Fife, B. ココナッツ治療法:予防とココナッツを使った一般的健康問題の予防と治療。 Piccadilly Books, Ltd. 2005

                       
                   

                   

                  慢性疲労癥候群はウイルスが原因か?

                  新しい研究結果の示す、慢性疲労癥候群とエイズ、癌などの原因ウイルス群との関係。

                   

                  科學ジャーナル(文獻1參照)に掲載された最新の研究によれば、すでに數種の癌(文獻2參照)に関連している事が分かっているあるウイルスが、慢性疲労癥候群の根本的な原因となっている可能性があるという事です。この研究によれば、慢性疲労癥候群の患者の多くが、最近発見されたこのウイルスに感染している事が見出されたという事です。

                   

                  慢性疲労癥候群は醫學界の謎として長期にわたり、醫師、研究者、患者をまきこんだ議論の対象として時には激しい議論が交わされてきました。米國では少なくとも100萬人以上の患者がおり、極度の疲労感、筋肉や関節の痛み、睡眠障害、集中力を維持する事の困難、その他の癥狀を特徴としています。原因は不明であり、癥狀は何年も続くことがありますが、効果的な治療法はいまだに確立されていません。研究者の間でも慢性疲労癥候群が1つの病気か、それとも患者ごとに原因の異なる様々な癥狀の集合體なのか意見が分かれています。ときには身體の問題ではなく心の問題として、うつ病や神経癥の患者に起こる病気であると考えられていた時期もあります。

                  learn more about The New Arthritis Cure here

                   

                   

                   

                   

                   

                  多くの患者たちでさえ、("癥候群")という名前を攻撃的に捉え、そのようなものは本當の病気ではないと言われているようなものだと感じていました。

                  しかし、この新しい研究によれば、新しく発見されたウイルスが原因しているのではないかという仮説を立てる所にまで至っています。なお仮説でなく確証があるとまで言うには、このウイルスの役割を解明するためにさらに多くの作業が必要です。

                  単に患者の中にそのウイルスを発見したというだけでは、そのウイルスが病気の原因だとは言えませんが、慢性疲労癥候群にかかっている人々にはこのウイルスを活性化しやすい體質となるような他の根本的原因があるようです。そのため、このウイルスが単に細胞內にあり、じっとしているとは見なせないのです。

                  「すでに數千人の患者が研究者に検査を依頼していますが、數週間以內に検査が行えるようになる見込みです。」とこの研究論文の最初の執筆者で、レノにあるウイットモア?ピーターソン研究所(この研究所は、慢性疲労癥候群の患者である、ある女性の両親により設立されました。)の主任研究員であるジュディ?ミコビッツ博士は言っています。

                  今のところ、異種指向性のマウスの白血病の原因ウイルスに関連したウイルス、またはマウスの癌の原因となるウイルス集団のおそらくは子孫であると考えられているXMRV、が慢性疲労癥候群の原因ウイルスではないかと疑われています。

                  なお、いつどのようにして、XMRVが人體に入り込むのかについてはいまだに不明ですが、XMRVが癌に関連している事だけは明らかです。XMRVが最初に発見?同定されたのは數年前、前立腺癌の患者からであり、その後の生検で、前立腺癌患者の男性の約4分の1から発見されました。(その內わずか6%が良性でした。)このウイルスは、エイズや白血病の原因となる、悪名の高いウイルス集団と同族のレトロウイルスです。

                   ミコビッツ博士と國立がん研究所およびクリーブランドクリニックから研究に參加した共同研究者たちは、科學 ジャーナルの中で、「慢性疲労癥候群の患者101人中68人(67%)がXMRVに感染しており、一方健常者からの検體218人分中、同ウイルスに感染していたのは3.7%でした。」と言っています。この研究論文が書かれた後のより詳細なテストでは、慢性疲労癥候群の患者約300人に対して検査を行った結果、対象患者の約98%からウイルスが検出されたとミコビッツ博士は述べています。

                   最終的には、慢性疲労癥候群の患者全員からこのウイルスが検出される事になるだろうとミコビッツ博士は予測しているようです。XMRVは、免疫システムに影響を及ぼし、様々な病気を引き起こす可能性のあるウイルスで、他のウイルスと協力して慢性疲労癥候群を引き起こす原因となっているのではいかとミコビッツ博士は言っています。

                   米國疾病予防管理センター(CDC)で慢性疲労癥候群に関する公衆衛生の研究を指揮しているウィリアムC.リーブス博士は、この研究を「畫期的なものではあるが予備的なものだ。」と言っています。

                  「皆それぞれ、自分の所で管理している標本を用いて自身で確認したいはずだ。」とも同博士は言っています。これは、1990年代になされた慢性疲労癥候群と別のレトロウイルスの関連性についての研究含めて、過去にも慢性疲労癥候群とウイルス感染を関連付けるような初期段階の研究がいくつかあり、これらを踏まえた発言です。(文獻3參照)

                  慢性疲労癥候群は、特定のウイルスが原因ではなく、いくつものウイルス様生物が互いに連攜して原因をつくり出している、と言うのが今のところ最も信頼性のある説です。この説であれば、慢性疲労癥候群の患者から検出されるウイルスが患者によって異なる事を説明できます。

                   長年答えが見つからない事に対して不満を感じていたアネットとハーベイ?ウイットモア夫妻は、20年も慢性疲労癥候群に苦しいでいる31歳になる娘のために、數百萬ドルという資金を投じて、2004年、レノにあるネバダ大學內にミコビッツ博士を招いて研究所を設立しました。

                   ウイットモア夫人は、「この病気は感染癥だとずっと思ってきたけれど、學者から否定されて來ました。それで、自分たちで研究できる場所があればもっと早く答えを見つける事ができると思って研究所を建てました。」と言っています。

                   バンダービルト大學の伝染病の専門家であるウィリアム?シャフナー博士は、この病気がウイルス感染癥だという考えを検討する余地があると言っています。彼は、自分は慢性疲労癥候群ではないかと主張する患者の一部は心因性の問題があるようであり、その他の患者は身體的な疾病をかかえているようだと言っています。

                  「この病気にかかると若く、健康で、活動的な、有能な人々が突然落ち込んでしまう。彼らは皆、元來は有能で生産性の高い人々だったのに全く違う人間に変わってしまう。彼らはストレスを溜め、ときにはうつ癥狀にまで落ち込んでいる。皆さんが感じている事でしょうが、醫學はまだこの病気に追いついていません。」とシャフナー博士は言っています。

                    「我々はXMRVの事を非常に深刻に受け止めている。」と、ナビゲーションを次の段落に米國國立がん研究所の主任研究員であり、HIV/AIDSと癌に関連したウイルス學の専門家であるやスチュアート?ル?グライス博士は言っています。

                  健康関連の公務員が特に気にしているのは、昨年春に、いくつかの研究チームが前立腺癌の検診をしたとき、検査対象となった健常者の血液サンプルの3~4%からXMRVが発見されたという報告があった事です。換算すると、米國民の一千萬人が、新たに発見され、既に2つの疾病(エイズおよび癌)には関連しているということ以外ほとんど何も分かっていないレトロウイルスに感染しているという事です。

                  「病気に関連するレベルのすべてのウイルスが明らかに懸念の原因となっています。そしてそのウイルスと他の病気との関連性や、どれ程密接に関連しているか、という2點を解明する事が重要です。」とル?グライス博士は言っています。

                  ル?グライス博士は、「他のウイルスを保有している人が他者の感染源になっていないという事実から考えても、単にそのウイルスを保有しているというだけで危険だとは言い切れません。免疫システムがこのウイルスをチェックするために保持しているという事もあるでしょう。」とも言っています。

                  同博士は、「もし問題が発生したとき、どうやってそれを診斷し、どうやって治療するのかが問題です。HIV感染癥を治療するために既に開発された抗レトロウイルス薬があるとしても、このウイルスは別物で、獨自に開発された薬のラインナップが必要ではないでしょうか。このウイルスを一般化し、どのような挙動を示すかについて見極めるためには、さらなる研究が必要です。」と言っています。

                   この新しい知見は、研究者の興味を觸発し、慢性疲労癥候群の患者にとって治療の道が開かれるかも知れないという希望を與えました。

                  「私は明るい未來が待っているように感じます。」とクリーブランド在住の患者で36歳のアン?ウルスさんは言っています。

                  薬餌療法を開発するには時間がかかりますが、病気は待ってくれません。病気と闘っている患者にとっては、今日、この瞬間からできる事が必要ですが、その方法は存在します。

                   ココナッツオイルの中鎖脂肪酸はHIVウイルスやXMRVウイルスと類似したレトロウイルスを殺す効果がある事が知られています。多くの慢性疲労の患者たちが、食事療法にココナッツオイルを加える事で、癥狀の改善が見られたと報告されています。また、ココナッツオイルはエネルギーレベルを上げる効果もあるので、よりエネルギーレベルを上げる必要のある慢性疲労の患者にとって効果的です。

                   ほとんどの薬とは異なり、ココナッツオイルには有害な副作用がなく、多くの良い効果があります。感染癥のココナッツオイルを用いた治療法についてより詳しく學びたい方には、「新しいリウマチ治療:リウマチ性関節炎と線維筋痛癥の痛みを消し去るには」 という本をお勧めします。同書は関節炎と線維筋痛癥に焦點を當てて書かれていますが、線維筋痛癥は慢性疲労と関連している事が一般に知られており、本書にある治療法はそのまま、慢性疲労の患者に適用できます。

                  加えて、ココナッツオイルには強力な抗がん作用があります。ココナッツオイルが癌の原因ウイルスを殺すことができるという事実は、XMRVに誘発された前立腺癌の予防にココナッツオイルの潛在的能力が有効であるという事です。

                   Tonnyの一言:

                  このような記事に觸れるたびに、「証拠を出せ!とばかり言うよりもまずきっかけをつかむ事の重要さ」を感じます。最終的には証拠をつかんで実証しなければなりませんが、感覚を磨いて「違い」を感じ、仮説を立てることが出発點だと思います。この記事を掲載する意味は、「結果だけ知る」事ではなく「現在進行形」で「試行錯誤」が行われている事に觸れ「興味を持ってもらう」事です。原因不明の病気もこのようにして解明されていくのかも知れません。

                   

                  參考文獻

                  1Lombardi, V.C., et al 慢性疲労癥候群患者の血液細胞からの感染性レトロウイルス、XMRVの検出。 Science 2009; 326:585-589

                   2Kean, S. Virology 慢性疲労と前立腺がん:レトロウイルスとの関連性? Science 2009; 326:215

                   3 DeFreitas, E., et al  慢性疲労免疫不全癥候群患者の型ヒトTリンパ球向性ウイルスとレトロウイルス配列の関連性。 Proc Natl Acad Sci USA 1991; 88:2922-2926

                   この記事の一部は、ニューヨークタイムズの「ウイルスが慢性疲労癥候群の原因か?」(デニス?グラディ氏執筆)という記事を參照しています。

                       
                     

                   

                  健康ニュース(概要)

                   

                  母乳で育てる事はアレルギー防止の最善策

                   

                  新しい研究によれば、少なくとも4カ月間母乳で育てると、子供が食物アレルギーになるのを防いだり遅らせたりする事ができるという事です。 この研究成果は小児科 ジャーナルに掲載されました。記事によれば、従來の、大豆ベースの食事を與えること、妊娠中はピーナッツ

                   

                  など特定の食品を避けること、魚や卵は3歳になるまで與えないこと、によって食物アレルギーを避ける事ができるという説には明確な証拠がなく、それよりも、母乳による育児が重要だと言っています。

                  この新しい知見は、米國小児科學會(AAP)が推奨していた上記の従來の主張と置き換えられました。

                   

                   

                   

                       

                   

                   

                  ビタミンCは腹部の脂肪を減らす!

                   

                  40?60歳の900人の女性を対象とした最近の調査によれば、ビタミンC、カルシウム、乳製品の摂取量を増やしたところ、腹部の重量を減らす効果があったという事です。十分なビタミンCを摂取していない女性は、腹部脂肪が増加する確率が131%もありました。低カルシウム狀態では、過剰脂肪の可能性はさらに30%増加しました。腹部の過剰脂肪が増加するその他の要因としては、閉経、喫煙、うつ病などが挙げられています。

                   

                   

                       
                   

                   

                  ニンニクは癌を予防する!

                    ニンニクには癌の予防効果がありますが、その理由は研究者の間でもまだ分かっていませんでした。この新しい研究は、それをテーマとしたものです。アラバマ大學の研究者が、ニンニクを摂ると人間の赤血球はすぐに硫化水素の生産を増加する事を発見しました。硫化水素には、血管をリラックスさせ血流を増す効果があります。この効果を得るための、推奨量は、1日あたり中サイズのニンニク2片を摂る事です。この量は様々な食事の中にニンニクを加える事によって簡単に満たすことができます。たとえば、ニンニクのみじん切りは、サンドイッチ、野菜、パン、クラッカー、スープ、などの調理

                   

                  Photo Source: Wikipedia Commons

                   

                   に使ったり、ソースに混ぜるなどして、摂る事ができます。新鮮なニンニクのみじん切りを料理に散らす事もできます。

                  なお、つぶす、切るなど下ごしらえしたニンニクを調理に加える前に、15分ほど寢かせると、酵素が活性化され、効果が増します。

                   

                   

                       
                   

                   

                  クランベリーの病気予防効果

                   

                  クランベリーは大きな健康効果を秘めています。タフツ大學の研究報告によれば、アメリカンクランベリーのポリフェノールには、心臓血管系

                   

                  に多大な健康効果があり、LDL(悪性コレステロール)の酸化を防ぎ、血小板凝集を防ぎ、血圧を下げる、などの効果があります。クランベリーのフラボノイドは、ミュータンス連鎖球菌から體を守ります。クランベリーの馬尿酸は、尿路感染癥(UTI)に関連している可能性のある大腸菌を抑制することができます。既にご存じかも知れませんが、最近の10件の研究をレビューしたものによれば、クランベリージュースは尿路感染癥に効果的で、その効果は特に女性の再発性尿路感染癥において発揮されるという事です。尿路感染癥は特に妊娠中の女性によく見られるので、感染を予防するためにクランベリージュース(薄めたものでも、加糖したものでも構いません。)を飲むというのは良いアイデアです。

                   

                   

                  Photo Source: Wikipedia Commons

                   

                       
                   

                   

                   

                   オーガニック食品は殘留農薬のリスクを97%下げる!

                   

                  コロラド州に基盤をおくオーガニックセンターという組織は、オーガニック製品の健康利益と環境の質の利益について科學的な証拠を挙げるという活動に専念して來ました。この組織が公式発表した推計によると、800萬エーカーの従來の農地をオーガニック農園に変え、輸入食品中オーガニック食品(材)だけを購入した場合、有害な農薬に觸れるリスクを97%減らすことができるという事です。

                  この推計は、米國農務省(USDA)と環境保護庁によって供給された殘留農薬のデータに基づいたものです。

                  オーガニックセンターの主任研究員であるチャールズ?ベンブルック博士は最近の米國農務省の殘留農薬と食品消費に関する調査から、「ほとんどの人々が農薬の75%を日々の野菜と果物の消費だけを介して摂り込んでいる。」事を発見しました。「従來の牛乳、水道水、その他の食品などからの殘留農薬の摂取は、平均的なアメリカ人で10?13%に過ぎません。」と同博士は付け加えています。(注:野菜と果物をオーガニックのものに変更すれば有害な農薬に觸れる危険はほとんど防げるというのがこの記事の主張であると考えられます。)

                   

                  Tonnyの一言:

                  どの健康ニュースに興味がわきましたか。ここには要約しか掲載していませんが、食材、調理方法、生活の知恵などを得て健康的な生活のヒントにして下さい。殘留農薬など日米で事情が異なるかも知れませんね。もし、中國で殘留農薬の調査をやったらどんな結果になるでしょうか。 

                   

                   

                       

                   

                   興味がありそうな友人?知人などに、このニュースレターをご自由に紹介して下

                  さい。このニュースレターを転送などにより紹介された方で、継続して配信を希望す

                  る方は、

                  ここをクリック

                                

                                 日本語版制作著作:TONNY.H (???????????????????設立準備委員會)

                  著作権© 2009、ブルースファイフ(栄養學博士)

                   Copyright © 2009,  Bruce Fife. All rights reserved.

                   

                  白小姐四肖必选一肖中特